【備忘録】運営者情報(プロフィール)の作り方【投稿と固定ページの違い】

こんにちは、ざくろです

ブログを運営する時、まずはじめに運営者情報(プロフィール)の設定をしていくのがオススメです。

はじめての投稿として書きやすいだけでなく、ブログを身近に感じてもらうことができるためです。

 

よし!じゃあすぐに投稿から書いてみよう!

と思った方!(過去の私)

ちょーっと待ってくださいね。

 

WordPressには「投稿」と「固定ページ」の2種類があります。

今回の運営者情報(プロフィール)なんかは固定ページが良いこともあるので、確認していきましょう。

 

この記事はこんな方にオススメ

  • ブログ開設超初心者
  • 「投稿」と「固定ページ」の違いがわからない方
  • 運営者情報(プロフィール)を設置してみたい方
目次

「投稿」と「固定ページ」の違い

「投稿」でも「固定ページ」でも作成・入力方法は変わらず、同じ内容を書くことができます。

重要なのは、公開した後の表示のされ方分類の方法です。

 

投稿の特徴

「投稿」は公開した後、自動的にトップページに表示されます。
その際、時系列ごとに表示されるのも特徴の一つです。

 

記事を更新し続けていくと、古い記事は埋もれていってしまうね

 

古い記事が埋もれてしまうのを防ぐために、投稿には「カテゴリー」を設定することができます。

投稿をカテゴリー別に分類することで整理することができるんだね

 

固定ページの特徴

一方「固定ページ」は、公開しても自動的に表示されることはありません
自分でヘッダーやフッター、メニューに表示させる設定を行う必要があります。

また、固定ページはカテゴリーで分類することもできません

そのため、「運営者情報(プロフィール」や「お問い合わせフォーム」、「プライバシーポリシー」などの独立したページ・時系列で並べる必要のないページを作るのにオススメです。

 

会社のホームページでも「会社概要」は固定ページだったりするね

 

カテゴリーの分類はできませんが、固定ページの親子関係を作ることは可能です

 

運営者情報(プロフィール)の書き方

それでは、さっそく「固定ページ」で運営者情報(プロフィール)を書いてみましょう!

 

あわせて読みたい
ざくろってどんなひと?
ざくろってどんなひと?こちらはサイト運営者である私の自己紹介をさせていただきます!まだプロフィールさえ定まってないので、これからも編集していくかと思いますが何卒よろしくお願いしま...

 

先ほど述べたように「投稿」と「固定ページ」は別の取り扱いとなるので、ダッシュボードでも管理画面が分かれています。

今回は「固定ページ」 ⇒ 「新規追加」をクリック。

すると、通常の投稿と同じように入力していくことができます。

タイトル、パーマリンク設定、本文がそれぞれ書けたら、右にある『公開』をクリックすれば完了です!

 

まとめ:運営者情報(プロフィール)は固定ページで作成しよう

ブログ初心者の私は、この2つの違いがさっぱり分かってませんでした。

最初に投稿で書いたプロフィールを、後日固定ページで書き直しました

まだまだプロフィールの文章も未完成段階なのですが、これからブラッシュアップしていこうと思ってます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

共働き夫婦の2人暮らし
|副業禁止の会社員です|営業職
|FP2級保有|貯蓄についてお話していきたいです
|まずは自分の経験談から投稿していきます
|2021.4.30ブログ開設

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる